MENU

協力団体の皆さま

Twitterはこちら!

「建設サラダボウル」と「Doboku Lab」という土木・建設系団体のコンセプト。

どうも、Doboku Lab 1期生の浅野です。

今年の7月から立ち上がったばかりの建設系オンラインサロン「建設サラダボウル」の運営を担っていられる溝口洋輔さんと、お互いの団体に関して様々なことを話してきました。

はじめに

まず紹介させていただきます。両団体の概要がこちら。

建設サラダボウル


「サラダボウル」は、多文化主義的な考えを表現した言葉です。「トマト、レタス、きゅうりといったそれぞれの野菜が持ち味を出し合うことによって、全体として美味しい味が出来上がるように。」という考えから生まれました。「建設サラダボウル」は、建設業界に勤める人、職人さん、商社といった今建設に関わりのある人だけでなく、学生、就活・転職などでこれから関わろうとしている人、はたまた全く違う業界の人…様々な背景を持った人達が悩みを共有したり、知見を共有したりする場所になるよう想いを込めて立ち上げました。

Doboku Lab

Doboku Lab(ドボクラボ)とは、「土木が広がる。」をキャッチコピーに、土木を様々な面から考えている団体です。学生のみで活動するのではなく、とても有難いことに、土木系の協会・学会・メディアの方々のお力添えとともに活動しています。

それぞれのメンバーは自分のやりたいことだけに取り組み、何かを強制されることはありません。そして、代表や執行部などの上下関係の生まれる制度は一切なく、メンバーであれば何でも行うことが出来ます。

団体を名乗っていますが、参加するメンバー全員がイベント準備や記事発信をしていくわけではなく、ただコンテンツを楽しむというメンバーもいます。たくさんの人が気軽に「土木を楽しむ」ことができれば嬉しいです。