土木学生が考えたコロナの影響。

こんにちは!Doboku Labの浅野です!

今回は、我々Doboku Labのメンバーのやり取りの一部を、公開します。

そのテーマは「コロナによる価値観の変化」について。

各所で「with コロナ」とか「after コロナ」とか言われていますが、何か考え方変わったところあるか、話してみました。

注意
以下のやり取りは学生のある日のやり取りです。可能な限り正確な情報を掲載するよう努めていますが、参考にする場合は1次情報を集めるようにしてください。

ある日のDoboku Labメンバーのやり取り

望月

地域活性化とか、中心市街地活性化とか、賑わいの創出とかに対して、こんなことを考えている…

望月

この図はあくまでも埼玉県だから当てはまると思っているのだけど(自分の関わる事業の本質を考えているときに思いついた)、埼玉って「何もないけど、豊かだ」ってよく言われるんだよね。
「今まで目指していたレベル」は、「移住人口増やさなきゃ!」「魅力的な空間を作らなきゃ」「イベントで来場客数増やさなきゃ!」という考えが多いよね。
「今まで感じていたレベル」は、今までの幸福って本当は虚構で別に平均的なところでも満足するんじゃないの?っていう再定義。ちょっとテキストにしづらいけどw

浅野

コロナによって気が付くということか。他にもコロナによる価値観の転換について、何かあれば聞きたいな~。
授業で「仮想市場法」について勉強しているんだけど、それに関係してか、関係なくか、「コロナで変化するかもしれない価値観を考えましょう」という言葉があって。
例えば分かりやすいのでいくと…。地方公共交通を守るためにみんなで使おうって言ってたのに、車の方が安全になってきたので、最小限のデマンド型交通にするべきではないか、のような。
議論したいわけではないのだけど、何か見たとかあったら教えてほしい。
仮想市場法
市場のないものの便益を測定・評価する方法。あなたはこの環境守るためならいくら払えますか?みたいな質問を通して、非市場財の便益を測ります。詳しくは参考書でも。

望月

地方活性関連だと、観光ってどうなのよって議論はあったかな。インバウンドに比率を偏らせると、コロナみたいな時に死んでしまう。だから、リスクを分散させて、地域内経済と地域外(インバウンド含む)で稼げるようなビジネスモデルを考えておいた方がいいって話。
この辺りは、HORIE ONEの星野リゾート社長対談と木下斉さんの狂犬チャンネルがおすすめ。
それに対立する元観光庁長官(現大阪の観光関連のトップ)も面白かった。NHKで数日前にやってたんだけど。

浅野

なるほど、日本みたいなインバウンド政策はもう難しいという感じか。確かにそうかも…。

望月

交通系、軽く見たけど、前から言ってること変わらない気がする。
早稲田建築の中谷先生はこんなことを仰っていた。
換気すると逆にウイルスが飛びやすくなるとかの議論も見た。けどそもそも必要なの?とかタクシー業がやっていけるか?とか、UVER的なものの導入とかの議論は見てない…。

浅野

それで行くと交通への影響は地方に限定した話かも。
計画系の先生方は県内の交通に対して取り組んでいらっしゃる人が多い。

今まで国民にアンケート調査で移動の原単位を調べて、必要なところに必要な交通をってやってきたが、まず必要な交通が変化するだろうという話を…。

鉄道関係だと、特に地方私鉄やJRがかなり影響を受けているのではないでしょうか。
特に、ビジネスで移動する必要がないと気づいてしまった企業はもう新幹線で移動もしなくなる可能性もあるので…
最近の鉄道関係の動きだと…
1.メンテナンスの効率化
JR東日本では、この動きが強いですね。人件費を削りたいという意図でしょうか。
2.他企業・他交通機関との連携
MaaS等を用いた連携が増えてますね。スマホ一つで観光出来ることを考えていますね。
地方は『交通崩壊』するのではと危機感もってるようですね。

望月

ちなみに知り合いの建築士の方が、新たなお店の形の提案してた。仕切りはよくあるけど、二酸化炭素濃度で換気を測るとか。

西川

コロナによる価値観の転換…
ひとつの大きい転換は、人と人との親密な接触が唐突に「悪」になってしまったことだと思う。
とくにイタリアとかショックが大きいだろうね。禁欲主義もヒューマニズムも伝染病の蔓延から生まれたって説があるけど、この状況が長引けば禁欲主義的な風潮が出てきそうな気持ちはめっちゃわかったよね。
コロナ下のtwitter で「社会全体のオキシトシンの総量が激減する」っていう表現を見たんだけど、まさにそういうことだと思う。
やり場のないイライラ、だれが悪いわけでもない中での不安が、3~4月のおおよその諸相だったんじゃないかな。
今の日本は、さすがにみんなそろそろ慣れてきたのと新規感染者が激減している安堵とで、前よりは安定していると感じる。
めっちゃ主語大きいしざっくりした表現だけどねw

浅野

確かに。禁欲主義っていう言葉は出なかったな。
一方で案外すぐ日常に戻ってしまうのではないか説も浅野の中にあるんだけど…。人間の慣れる力を過信しすぎだろうか。(笑)

西川

ここでも認知機能分野よりも非認知機能分野での成長が阻害されて、社会性とかを育む機会が減るので、長期的な社会的ダメージがより大きいって話が出てる。

子どもたちもオンラインでつながればいいという考えもあろうが、大人たちが「Zoom飲み」でも関係性が保てるのは、生身のふれあいの中で培われた社会性がベースにあってのことだ。そのベースを育む機会そのものが損なわれていることが問題なのだ。子どもたちが「友達」と遊ぶことを一切禁止されたディストピア的世界観を仮定してみよう。彼らがどのように人とコミュニケーションし、知り合い、恋に落ちるのか……。SF小説家でもない限り、想像すらできないはずだ。

参考 「長期休校」子どもたちと学校を襲う多大な喪失au Webポータル

望月

近所の塾の自習室だけオンラインになってるんだけど、先生が主体的に指示出してくれるから今は大丈夫だけど、みんな大変みたいだった。

学生が考えたコロナの影響

様々な影響が取りざたされているコロナですが、僕たちが考えたのは上記のような

  • まちづくりへの影響
  • 価値観の変化
  • 交通への影響
  • 観光への影響
  • 鉄道への影響
  • 飲食店の仕組みへの影響
  • 心理的な影響
  • 子どもたちへの影響

といったところでした。

 

みなさんの周りでは、どんな影響が出ていますか?

もしよろしければ、教えてください。