土木系新入生へおすすめ!『ようこそドボク学科へ!』

どうも、Doboku Labの浅野です。

今回は、土木系の学科・コースへ進学・進級する学生の方々、進路選択において土木系の進路が選択肢にある方などに向けて、おすすめの本を紹介します。

この本の概要

早稲田大学の佐々木葉教授が監修された『ようこそドボク学科へ!』という本です。

この本の評価
最初の土木本におすすめ度
(5.0)
登場するドボクオタクの数
(5.0)
読みやすさ
(5.0)

主にこれから土木を学ぶ人に向けて、「土木とはどんなものか」「土木学科では何をするのか」といった内容を74人の方がそれぞれの言葉で説明してくれます。

これから土木を学ぶ人を主な対象にしているので、内容を理解することに土木の知識が必要とされないよう書かれている本です。

Doboku Lab編集部

望んで土木系の学科・コースに進んだ人ではなく、何となく進んだ後に土木に嫌気が差している人にもおすすめです。

この本の好きな点

この本の良いところは、74人もの様々な人たちが著者となっていることです。

土木が好き・嫌いな人、土木を学んでいる人・あまり知らない人などが登場します。

決して土木の専門家が学術的に土木工学の良さを語る本ではありません。

ですが、それがとても良い点だと個人的に感じています。

目次を見れば分かります。この本の目次の一部を、以下に引用します。

1章 学科紹介

ドボク学科で学ぶこと  福井恒明
ドボク学科ならではの大学選び  中村晋一郎
幅の広さがドボクの強み  仲村成貴
ドボクの周辺学科その一――建築学とのちがい  佐々木葉
ドボクの周辺学科その二――環境学とのちがい  大西悟
ドボクの周辺学科その三――理学とのちがい  木口雅司
地方ドボク学生の醍醐味!  真田純子
高専ドボクのいいところ  高田知紀
ドボク学科で取れる資格  福井恒明

column・ドボクの魅力1――歴史的な土木構造物

参考 『ようこそドボク学科へ!都市・環境・デザイン・まちづくりと土木の学び方』佐々木葉 監修まち座|今日の建築・都市・まちづくり

このように話題ごとに、著者が変わります。

土木が好きな人、嫌いだった人、ベテラン、若手というように。

各話題は基本的に見開きの2ページなので短いですが、いろいろな人の考えに触れることが出来るんですね。

しかも「一年生の時に知りたい情報」が多く載っています。

これほど1冊目に適している本はないとすら思います。内容も簡単ですし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です